【つぴたあれ情報/岩泉の嫁入り行列】

今日は町内某所にて、嫁入り行列で使用する三枚盃を見せて頂きました!
20171011-1
昭和初期の嫁入りでは、雄蝶(おちょう)と呼ばれる小学生くらいの男の子と、雌蝶(めちょう)と呼ばれる女の子がお酒を注いだとか。
先日91歳のSさんからお話を伺った時も、「おちょうとめちょうが・・・」とおっしゃっていましたが、「雄蝶」、「雌蝶」と書くとは知らず、『聞き書 岩手の食事』を読んで分かった次第。

現在12月に開催する「岩泉の嫁入り行列」のポスターも着々と制作中です!

最後までお読み頂きありがとうございました!
ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします!

岩手県 ブログランキング 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*