今一番興味のあること

「いわいずみどんぐり学園祭」の開催を決めてから、ほぼ毎日のように、会う人会う人に「どんぐり」の話を伺っていたら、「〇〇によくどんぐりが落ちている」とか、「△△にはいろんな種類のどんぐりが落ちてて穴場です」といったどんぐり拾いに関する情報から、「え?『どんぐり』って、『どんぐり』っていう種類があるんじゃないんですか?!いろんな形の『どんぐり』があるなんて知りませんでした!」といった驚きの発言まで、情報量が人それぞれでとても面白いんです!

特にも昨日Kさんから伺った話が、私の今一番興味のあるどんぐり情報。
それはKさんが子どもの頃に、ひいおばあちゃんに作ってもらって食べていたというどんぐりのおやつ。
ただし当時は食べてはいても食材にまでは興味がなかったのか、教えてもらわずにいたのか、何を食べていたのか分からないまま50年(!)が過ぎ、最近になってあるきっかけで、「あれはどんぐりだったのか!」と判明したそう。
そのおやつは「どんぐり」で作ったデンプンに水を加え、かき混ぜながら加熱し、葛餅のように固めたもので、酢醤油、醤油、もしくは、きな粉をまぶして黒蜜をかけて頂くととても美味しいのだそう!
こう書いてしまうと一行で済んでしまいますが、口に入るまでの気が遠くなるような工程の長さ!
ひいおばあちゃん、すごい!

これは、是非いわいずみどんぐり学園祭に向けて、全何工程あるのか検証し、実際に食べてみたいなあ。

最後までお読み頂きありがとうございました!
ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします!

岩手県 ブログランキング 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*